fc2ブログ
Counter
Welcome
現在の閲覧者数:
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


LINK FREE


03 四龍恋鎖



「若、お車へ」


黒塗りの車のドアが開けられ当然のようにその車へと乗りこもうとしている男は、いかつい顔をした男たちの中で神に選ばれた男と思われるほどの美しさを放っていた。185cmはあろう長身と鍛えられ引き締まった肉体。鋭い目つきでありながらそれに囚われたいと心酔させる強い瞳。

この男こそ『美しき獣』と呼ばれる道明寺組若頭 道明寺 司だ。


極道社会とて頭のキレる男が上に立つ。
だがこの道明寺司はそれだけの男ではなく類をみないほど腕もたつ。
極道には不要とばかりに愛想のひとつもなくたえず不満を抱えているようなその表情に手下の男たちは緊張感が続く。



大きな屋敷の前で車は止まり再び開けられたドアから静かに足を降ろすと迎えるように並んでいる男たちを睨みつけた。睨まれた方はたまったものではない。いったい我が身に何が降りかかってくるのかと心臓が緊張の音を響かせる。

極道たるもの命が惜しいわけではない。だが意味のない死など誰が選ぶであろうか。
とはいえ黒の縦社会では理不尽と思われることも最早や当り前の行為でしかない。
何が正義で何が悪か。白とは異なった正義がまかり通るのが黒の世界。
しかし、若頭と呼ばれるこの男は何もなかったように正面を見つめると静かに大股で歩き始めた。


ゴクリ


唾を飲み込む音があちこちから聞こえるほどの緊張感が通り過ぎた。
同時にホッという小さな溜息が聞こえてくるのも已むおえない状況だろう。


「若がお帰りでごせぇやす」


屋敷の玄関で声が響くと中から黒地に真っ赤な牡丹の描かれた和服姿で現れたのは、道明寺楓。

彼女もまた自らの意志でこの道を歩むことを選んだわけではなく女でありながらそこから逃れることも出来ず婿養子という形で現組長の要が跡目を継いだ。口には出さずとも楓こそが最大の実権を握っている事は周知の事実。



「司、帰ったの。話しがあるわ」
「あ?話ならさっさとここでしろよ」


すれ違い様に憎しみさえ隠すことなく睨みつけ乱暴に言葉を返す。
まったく気にも留めず奥の間に歩いていくのは姐さんの風格だろう。
いや、その姐さんに対してこれほどの態度がとれるのも司の他には存在しない。
異様な空気に玄関先では緊張の入り混じった空気が再び流れる。


スーッ襖が開かれると眺めのいい庭が見渡せ床の間に飾られた掛け軸。
そして、普通の家庭では見る事のない日本刀が飾られている和室へと二人は入り、それと同時に襖は静かに閉じられる。上座へと楓が座り、ドスッと乱暴にあぐらをかいたのは司だ。


「話しって何だよ」
自分とは、必要以上の会話さえもする気のない司に楓もまた優しい言葉などかける事もない。



「大河原組の滋さんとの縁談が決まったわ」
「あ?勝手な事言ってんじゃねぇぞ」
「全ては組の為。この家に生まれたあなたの宿命。黙って決められた通りに従う他に道など許されない事はよくおわかりでしょう」

「冗談じゃねぇぞ」

乱暴に立ち上がると足音を響かせながら畳の上を歩き
ダーンッと弾き飛ばす勢いで開けられた襖はその衝撃で廊下へと飛ばされた。



「待ちなさい」
楓からかけられた言葉にも立ち止まることなどこの男にはない。
廊下で控えていた男たちは憂さ晴らしのように殴られそれでも怒りが収まらない様子で長い廊下を歩くと東側にある自室のドアを開け


クソッ

着ていた上着を床へと叩きつけるとベッドの上で仰向けに寝転がる。


「牧野…」


拳を握り締め苦しそうに吐き出す名前。
こんな家にさえ生まれていなきゃお前との人生が俺にはあったんだろうか
お前も極道の娘だったら俺らは結ばれたんだろうか



瞼を閉じると自分に向かい笑顔を向けるつくしの顔が浮かび決して結ばれることのないその女の名前を何度となく呟く。

「牧野」「牧野…お前に逢いてぇ」「牧野…」

自分の身に起こる不幸を嘆くのか、何も出来ない無力さに嘆くのか気づけば一筋の涙が流れ左手の甲でそれを拭き取る。


怒りで熱くなった全身を鎮めようと起き上がり着ているシャツを乱暴に脱ぎ捨てる。
バスルームの鏡にうつるその背には荒々しい龍の刺青と護るよう抱かれているのは観音像。そして紛れもなく掘られた文字は最愛の女の名である つくし


一緒に生きることが出来ずとも、生涯お前だけを愛する


誓うように掘られた刺青は幾重にも手が込んだ美しさがあった。
誰にも見せず誰にも触れさせず自分だけのつくしを背に刻み何度も危機からも共に乗り越えて来た。例え背に掘られたつくしであっても傷ひとつつけねぇ。

時に自らを宥め時に励まし奮い立たせた。


「この背中のお前が今の俺を生かしてんだよ」
もうその手が自分の背に触れることがなくともその温もりさえも忘れることもない。

排水溝に渦を巻いて流れる水さえもこの家から離れ大海へと流れていくのか。



「俺と命がけで生きてくれるか」
自分の命などお前の為なら惜しくも何ともない。
だが、つくしを愛すればこそ命がけでなどと口にはできない。



「いや、冗談じゃねぇぞ」
シャワーを止めると濡れた躰のまま携帯を手にし、電話をかける。



「おい牧野」
「道明寺?ど…どうしたの」
「てめぇいいから腹括れ」
「は?」
「いいから腹括って家で待ってろ」
わけがわらないままでも数年ぶりに聞くその女はクスクス笑ってわかったと答える。


命がけなのは俺だけでいい。
お前は俺の腕の中で幸せになれ。



~Fin

*************
やっちゃいました。F4の極道
すみません全員極道デビューしていただきます
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ  
応援エネルギーお願いしますッ♪

関連記事

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

aoi様

最初の方だと誰かわからないですよね。

うふふ身長でピクッだよね。

極道ツボりましたか
このRは妖艶にいきたいですな。
え?書く?w
短編だよ あはは

やこ様

極道でしたぁ

これ書いていいものか悩んだんですけど
私はスキなんですよ。
絶対萌えだと思ってたんで書いちゃいました(笑)

もう長編にしたいぐらいウズウズ。
シリーズにして場面展開したいなと思ってます^^

若頭の司に萌え~~

みかん様

F4で極道シリーズやっちゃいました(笑)

キャラ的に萌えだと思うんですよね。
私の腕が悪いから今イチかもしれませんが(汗

腹括れ 言われたい
でも長い紐がいるかも(笑)
え?違う? あははは

りっつ様

りっつ様も極道のお好きですか(笑)
良かった~
ほんと書いていいものか悩みました。
それでも素敵なキャラなので絶対に萌えると思いました(笑)

司くんピッタリですよね。
今夜は類くんが登場します。 西田さんは考えてなかったんですけど必要な人材ですからね。ガンガン登場していただきましょうか(笑)

みわちゃん様

あははは
意外とみなさん極道ものお好きなようで良かったです。
私、気づきました。
みわちゃん様って結構マニアですよね?
うわっこれマニアックかなと思った時って
いつもみわちゃん様のコメがあって嬉しくなります。
もう手放しません(笑)
共にマニアの道を進みませんか^^

purupuru様

極道楽しんでいただけて良かったです^^

司くんの若頭いいですよね。
もうその刺青に頬ずりしたいぐらい萌えでした(笑)
つくしちゃんの姐さんは可愛いでしょうね。

守られる…羨ましい
やっぱりつくしちゃんってほんと幸せですよね。

委員長様

おぉどツボでしたか。
それは嬉しい。
絶対的にかっこいいと思いますよ。
私も萌えです。

つくし姐さんに言わせたいですね是非とも。

うふふ ほんとあちこち有難うございます。なんでだかかつてないほど大量更新
自転車操業になっております。
昨晩はご満足いただけたかなと案じております(笑)

翔様

もうこの宣誓をするのに書いてからも送信ボタンを押すのを
暫く悩みました。あははは

自転車操業になっております(笑)
短編は入り込めないうちに終わってしまうので読者の方も同じかなと思ったりするので
シリーズみたいに出来たらいいかなと考えたりもしています。

おぉぉ リクエスト有難うございます。
私が考えていたのと同じものがありました。
お応えしたいものもありましてメアドついてましたので
のちほどレス入れが終わったらメールさせていただきます^^

翔様もお身体ご自愛くださいませ♪

kachi 様

こちらにも応援有難うございます。

うふふ…極道ものもちょっと変わっていていいかなと^^
F4はキャラがステキなので何をやっても似合うんですよね。

悲恋というサブタイトルつけようかと思いながら書いていて
後半で…いや諦めないだろう…といきなり変更(笑)
私もこれはツボにはまりましたので 場面展開という形で
短編で続けたいなと思ってます。
お楽しみいただけると嬉しいです^^

イズン様

お気に召していただけたようで良かったです^^
キャラがステキなので若頭似合ますよね。
西田さん…考えてなかったんですけど
閃きました。
次回司くんの登場時にはダーンと登場していただきます^^

名無し様

楽しんでいただけて良かったです。
ちょっと斬新でいい感じですよね^^

司くんの若頭素敵~って感じですよね。
場面展開しながらシリーズで書いていきたいと思いますのでお楽しみいただけると嬉しいです^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ジャスミン様

極道の司 ツボでしたか?
私も萌えでした(笑)

これほんとに長編で書きたいなと思っているのですが
今、書くものが多すぎる上に自転車操業状態なので
どれか片付いたら手をつけたいと思います。
最低でも一日4話書いているので ヒーヒーです(笑)

virgo様

私も今までに読んだ事がなかったので、もしかするとNG的というか嫌がられるのかなぁなんて思いながらでした。
個人的にはすっごい萌えなんです(笑)
でもスキな方が多くてびっくりするやら嬉しいやら^^

シーンごとの短編になるかと思いますがお楽しみいただけるよう頑張ります♪

nica様

マニアが大勢で嬉しいです。

楽しんでいただけるよう若頭たちに頑張っていただきます(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さとぴょん様

司くんの若頭あいますよね~
渋~ッ そして萌えw

悲恋というサブタイトルをつけようかと思っていたんですけど
いやそう簡単に諦める男じゃないと急遽
奪回しにいくことに(笑)

出会いのあたりも書きたいなと思ってます。
短編ってこういう時ほんとどうしましょって感じですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Profile

*ririko*

Author:*ririko*
花より男子の二次小説です。
CPはつか×つくメイン
クスッとウフッのハッピーストーリです♪

Latest story
All article display
全タイトルを表示
Search
Anniv.