fc2ブログ
Counter
Welcome
現在の閲覧者数:
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


LINK FREE


11 VAMPIRE



薄暗い部屋の中で窓辺に立つ女の肌は月灯りで青白く輝く
月に何かを求めるように細い左腕は伸ばされ指先はそれを待っているのか。
身体を隠すように纏われたシーツ
絹糸のように美しい黒髪が僅かに揺れる。


「つくし」
驚かせないよう小さく声をかける。
まるで何ものかに連れ去られてしまいそうな不安感が名前を呼ばせた。


「何してる」
「月が綺麗だから」


伸ばしていた手をゆっくりと下ろすと恥ずかしそうにこちらを向いた。
纏われているシーツから覗いた細く白い肩


「司もこっちに来て」
招くように俺に向かって伸ばされた腕

ベッドから起き上がりその手を取るとシーツごとつくしを抱きしめた。
出会った頃よりも細くなった躰。
低くなった体温。
俺を虜にした強い瞳までもあの頃の面影は薄れている。


「辛いか…」
「ううん。大丈夫」
身を捩るようにして再び窓の方をつくしは向いた。

「月にうさぎはいるのかしら」
「どうかな」
それを確かめる満月まではまだ遠い。

「もうすぐね」
「あぁ」


俺はそれでもまだつくしとのこの時間も手離せない。
辛さがわかっても楽にしてやりたいと思っても僅かに残るこの温もりに俺はまだ触れていたい。この腕に抱いていたい。


「今夜がいいな」
願いごとなど言ったこともないのによりによって今夜を願うのか。


「愛してるつくし」
「司…愛してるわ」

別れの口づけの後、細く白い首に唇を寄せる。
痛みのないよう優しく歯をたて俺が生きる為につくしの血を飲み干す。
カクンと腕の中で力なく躰を預けたのは共に行くためのつくしとの別れ。

その淋しさをお前は知らない。

ベッドへと寝かせるとお前が選んだ真新しい白いネグリジェを着せてやる。
俺たちの新しい世界へ行くためにお前の前に現れた時と同じ服に着替え
静かに抱き上げるとまだやわらかさのある唇にキスを落とし大きく黒いマントを翻す。


この地から俺はお前を奪うのに何ものかに奪われるのは許せなかった。

永遠に共に生きる為にお前の命を奪った俺と
永遠に共に生きる為に命を差し出したお前。


2人が暮らした家は跡形もなく消えこの地には何も残らない。

愛してると囁きあった言葉のカケラだけが月灯りで照らされているだろう。


~Fin


***************
こういうのって書いたことがなくて
せっかくだからと書いたはいいが…
もうボツることに耐えた自分に拍手
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ  
応援エネルギーお願いしますッ♪
イチブラの更新優先で書いているので短編は不定期でごめんなさい。
いやもう…イチブラ書いたのごっそり消えちゃって昨日から泣き入ってる
10話書いても5日分しかないのでもしかすると来週のイチブラは1回更新かも

関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kachi 様

この話はホントに初の試みで
こういうのとかSFとかファンタジーって苦手なんです。シリアスもダメだな
いったい何が書けるんだって話ですよね(笑)

薄暗い中での二人の心情というか切なさと希望とか
そういうのを綺麗に書いてみたいなと思ったんですけど
中途半端でもう更新セットするのに相当迷いました。
でも、kachi様に想いを感じていただけて良かったです。有難うございます。

イチブラ…いつもこまめに保存する方なんですけど
油断でした。ちょっと来週だけ1回だと思います。
2回いけない事はないんですけどその後が止まると思うんですよね。
それより毎日更新の方がいいかなと…
出来るだけ頑張ってみます。

hanamiwa 様

もう最初、頭の中が真っ白になりました。
こまめに保存する方なんですけど油断ですね…
もう人為的ミスの他ないです。
ただ、一度書いているので内容は決まっているので
出来るだけ頑張りたいと思いますが来週だけは1回かな…

VANPIRE 切なさお届け出来ましたか?
セクシー司にしようかとも思ったんですけどちょっと綺麗な表現の練習と思いまして
もうとんでもないことに(笑)
嵐のMONSTERが脳内を駆け巡っていただけたとは嬉しいです^^

翔様

しっかりエネルギー届きました。
有難うございます。

いやもうね…頭真っ白でした。
でもノリノリは喪失してないので大丈夫です。
数時間は茫然としてましたが(笑)
連休で外出するので在宅している時間には出来るだけストック確保したいと思います。
クラッシュオレンジフラペチーノ私も食べたい♪

みかん様

お帰りなさい♪
ほんと待ってましたよん。

旅行先からもほんと伴走してくれて
どうも有難うございます。

VAMPIRE大丈夫でした?
もうボツ出さないと決めたのでね…
いやぁ 恥ずかしいです。

イチブラ喪失…
頭真っ白でしたよ。がんばらねば

さとぴょん様

ヴァンパイアお好きなんですか。
上手に書けなくてごめんなさい。

イメージの中ではいろいろ広がっていたんですけど
文章にするのは難しいですね。
少しでもお伝えできていたら嬉しいです。

イチブラ…くーーッ頑張って取り戻します!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

Profile

*ririko*

Author:*ririko*
花より男子の二次小説です。
CPはつか×つくメイン
クスッとウフッのハッピーストーリです♪

Latest story
All article display
全タイトルを表示
Search
Anniv.