fc2ブログ
Counter
Welcome
現在の閲覧者数:
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


LINK FREE


Princess series   ジャスミン姫 2 * 道明寺 司


喜んで走って抱きついてきたのは
アラジンのためだったと知った司。

アラジンなんて見たくねぇ…とぼやいてます(笑)




子ども向けのアニメ見て何でそんなに目を輝かせているのか
俺にはちっとも理解できねぇ。


始まってからは一度とすら俺の方なんか見もしねぇ。


そっと肩に手を回しても
いつもなら


「何よ」


そんな言葉が返ってくるのにその暇すらないらしい。

チュッと頬にキスをすれば
ジロリと睨み
この俺様に向かってだ。


半年ぶりに再会した恋人に向かって


「邪魔!」


俺のハートに強烈なストレートパンチ。


「あ”?」


ムッとした俺が低い声を出せば
八ッとした様子で


「ごめん夢中になりすぎた。もうちょっとだけ待って」


俺の腿をポンポンと叩いてすぐに視線はアラジンへ。


おい…
今って

しょうもねぇアラジン 半年ぶりに帰国した最愛の恋人の俺様 


こういう事だろ?冗談じゃねぇぞ。


むりやりあいつを抱えあげると
俺の足の間へと移動させ動けねぇよう挟んでやった。



「ちょっと」
「いいからお前は見てろよ」



俺はアラジンなんかちっとも見たくねぇんだよ。
しょうもねぇアラジンなんか見ていられなくしてやるよ。

牧野の身体に腕を回し
髪に首筋にいくつものキスを落とす。



「道明寺ってば」



少し怒った声をしながらも目はまだアラジンへ注がれる。



何度もこの白い肌を夢に見たんだぞ。


半年だぞ半年。
牧野の足に触れ…身体のラインをそっとなぞり


俺は、しょうもねぇアラジンに戦いを挑んだ。
この俺様が牧野を賭けてしょぼいアラジンと戦おうってんだ。






関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Profile

*ririko*

Author:*ririko*
花より男子の二次小説です。
CPはつか×つくメイン
クスッとウフッのハッピーストーリです♪

Latest story
All article display
全タイトルを表示
Search
Anniv.